Fukushima50(フクシマフィフティ) 全国上映中

解説

すべての関連する人への取材を基に書かれた門田隆将のノンフィクション「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」を実写映画化。
世界を震撼(しんかん)させてみた東日本大震災による福島第一原子力発電所事故発生以降も現場に残り、日本の危機を救おうとした従業員たちを描く。
『64-ロクヨン-』シリーズなどの佐藤浩市、『明日の記憶』などの渡辺謙らが出演。
『沈まぬ太陽』などの若松節朗がメガホンを取り、ドラマシリーズ「沈まぬ太陽」などの前川洋一が脚本を務めた。

あらすじ

2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0の地震が発生し、それに伴う巨大な津波が福島第一原子力発電所を襲う。
多くの電源が喪失して原子炉の冷却ができなくなりメルトダウン(炉心溶融)の危機が迫る中、現場の指揮を執る所長の吉田昌郎(渡辺謙)をはじめ発電所内にとどまった約50名の従業員たちは、家族や故郷を守るため未曽有の大事故に立ち向かう。

キャスト

佐藤浩市(伊崎利夫)
渡辺謙(吉田昌郎)
吉岡秀隆(前田拓実)
緒形直人(野尻庄一)
火野正平(大森久夫)
平田満(平山茂)
萩原聖人(井川和夫)
堀部圭亮(加納勝次)
小倉久寛(矢野浩太)
和田正人(本田彬)
石井正則(工藤康明)
三浦誠己(内藤慎二)
堀井新太(西川正輝)
邱太郎(小川昌弘)
池田努(松田宗介)
金井勇太(宮本浩二)
増田修一朗(小宮弘之)
須田邦裕(山岸純)
皆川猿時(樋口伸行)
前川泰之(辺見秀雄)
ダニエル・カール(ジョニー)
小野了(佐々木明)
金山一彦(五十嵐則一)  他

Fukushima50(フクシマフィフティ) 全国上映中

最後まで読んで頂きありがとうございます。

このブログを『いいな』と感じていただけましたら

下のボタンをクリックしていただくととても嬉しいです。

今後もよろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックもよろしくお願いします。


映画(全般)ランキング にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

さらに下のボタンからSNSに拡散していただくととても嬉しいです。